ジュネーブ国際機関日本人職員会 (JSAG)

JSAG会長就任にあたって―上岡恵子氏


国連合同監査団(JIU)副議長 上岡恵子

JSAGの皆様

20204月より高木さんからバトンを引き継ぎ会長に就任した上岡です。ロックダウンが続く中、皆様に直接お会いしてご挨拶する事が叶いませんが、書中にて就任の挨拶とさせて頂きます。私は30年国連機関(UNDPILOJIU)で勤務し、ニューヨーク、ジュネーブ、バンコク、東京、再びジュネーブで、同郷、異郷の上司、先輩、同僚、部下達とお互いに助け合って生き残って来ました。どんな任地や部署に就いても、人との繋がりと的確な情報を持つ事が早くに適応し、自分の能力を発揮出来るのではないかと思います。JSAGとそこから繋がる人と情報のネットワークを駆使して、皆様の仕事と個人生活が充実したものになればと思います。

前会長の高木さんとはJSAGの前身であるJPUNの立ち上げの時から幹事役員としてご一緒させて頂きました。その後は創設メンバー達も三々五々定年退職されたり転勤等でジュネーブを離れたりし、高木さんが新旧のメンバーと共にずーっと砦を守ってくださいました。その間201020122018-2020の合計4年間会長としてリーダーシップを発揮されJSAGの活動を更に活発に盛り上げて下さいました事に心から感謝いたします。又、会長を支え様々な活動を企画実行されてきた幹事の皆様ありがとうございました。代表幹事の和氣さん、浅海さん、とりまとめ役お疲れ様でした。高木さん、和氣さん、浅海さんの新しい人生のご成功とご健康を心からご祈念いたします。

これからは新代表幹事の城取さん、浅井さんとの三つ巴で皆様の築き上げた活動基盤を更に活発に盛り上げていきたいと思います。顧問の國井様、幹事の皆さまと柿沼書記官にはこれからも引き続きご支援とご協力お願いいたします。会員の皆様のご意見やご希望を取り入れて、楽しくお役に立つJSAGにしていきましょう。

JSAG会長退任にあたって―高木善幸氏


世界知的所有権機関(WIPO)事務局長補 高木善幸


JSAGのメンバーの皆様

2018年春より、現在顧問をしていただいている國井様から引き継いで、2年間、2度めのJSAG会長を務めました高木です。期間中、皆様のご支援を賜り、いろいろな充実したプログラムと新しい活動を行うことができて、とても良かったと思います。会員の皆様も満足されていることを願います。これもひとえに、多くの幹事さんの尽力と創意のおかげです。講師などで色々な知見を共有していただいた有識者やOBOGの方々にも感謝申し上げます。私の任期中、幹事代表を務めていただき、幹事の方々の提案の取りまとめや、代表部を含む関係各所との調整をしていただいた、2018年度の幹事代表の辻田岳さん(IFRC)、2019年度の浅海誠さん(ILO)、和氣未奈さん(ILO)には、大変お世話になり、この場を借りて、心よりお礼を申し上げます。

この期間中、ジュネーブ代表部大使より、在外公館長の表彰をJSAGが頂戴したことは、これまでの活動への評価とともに、今後の活動への激励でもあったと思います。色々ご配慮いただいた、代表部の柿沼書記官には、深謝いたします。

新型コロナの影響で、皆様には直接お目にかかってお礼できないのですが、このような形での引き継ぎも新しい試みとして、柔軟に受け入れていかねなくてはいけない時代となりました。今回、皆様のご賛同を得て、国際機関での経験豊富なJIU副議長の上岡様にバトンタッチすることができますことは、誠に心強いことで、今後のJSAGのさらなる発展にとって、最高のリーダーを得たと確信します。新体制でも、いろいろな活動に、皆様の奮ってのご参加をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

退任したJSAG旧会長 高木善幸