JSAG会則

0 件のコメント
ジュネーブ国際機関日本人職員会会則
2004年1月27日
2010年3月18日一部改定
[201年4月14日一部改定]


1.[名称] 本会は、ジュネーブ国際機関日本人職員会と称する。
2.[目的] 本会は、会員相互の交流・親睦、並びに、他の地域の国際機関日本人職員
会および関係諸団体等との連携・協力を図ることを目的とする。
3.[活動] 本会は、前項の目的を達成するために、次の活動を行う。
(1) 懇談会・セミナー等の開催
(2) 会報の発行
(3) 日本人職員名簿の作成
(4) 他の地域の国際機関日本人職員会および関係諸団体との交流並びに情報交換
(5) 日本人を対象とした国際機関への就職に関する説明会への参加
(6) 国際機関の活動や就職に関する情報提供
(7) その他、適切と思われる活動
4. [会員] 本会は、ジュネーブ地域に所在する国連等の政府間国際機構、またはその他の国際機関に所属する日本人職員及び元職員で、上記目的に賛同する者を会員とする。
5.[活動費] 本会の活動費は、会員からの会費(任意)をもってこれに当てる。
6.[役員] 本会は、会長(1名)、副会長(若干名)を置き、会の運営および会を代表する。
7.[運営委員会] 本会を運営するための機関として運営委員会を設ける。
8.[運営委員会の構成・運営] 運営委員会は、会長、副会長、事務局長、および幹事(若干名)をもって構成し、本会の活動に関する事項を決定し、本会の活動を行う。
9.[運営委員会の会計・活動報告義務] 運営委員会は、少なくとも年一回、活動および会計報告を行う。
10.[役員の選出] 会長は、会員の中から前期の運営委員会が指名し、会員の過半数の信任をもって選任する。副会長、事務局長、および幹事は、会長が指名する。
11.[役員の任期] 会長、副会長の任期は1年とし、[]期を限度に再選を妨げない。
12.[顧問] 特別顧問および顧問(若干名)を置き、会運営等の助言をいただく。特別顧問・顧問は、運営委員会が各機関の幹部職員から選任し、委託する。任期は本人の在任期間とする。
13.[会則の改定] 会則は、会員の過半数の承認をもって改定することができる。

以 上

0 件のコメント :

コメントを投稿